プラセンタ注射

プラセンタ注射 完全ガイド

プラセンタ注射のデメリット

プラセンタ注射のメリットばかりが目に入るので、副作用がないか心配な人も多いです。 プラセンタ注射は「たん白アミノ酸製剤」である為に、体質的にアレルギー反応が出てしまう人や、すでに閉経しているのにも関わらず、細胞から間違った信号が出てしまって、月経が再開することが稀にあります。 皮下注射や筋肉注射で副作用がひどくなることはあまりないものの、悪寒や発熱、発疹などが出てしまうこともあります。 また、注射の部位や方法などとの相性によっては、うずくような痛みや赤くなるようなこともありますが、これもほとんどの場合は半日程度で治まります。 このようなプラセンタ注射による副作用が見られる場合は、すぐにクリニックに相談し、投与をやめることで症状は落ち着いていきますので、副作用が残ってしまうひどいケースは基本的にはありません。 また、施術件数が多くノウハウの多い湘南美容外科が副作用が気になる方にはオススメです。 美容整形するなら<湘南美容外科クリニック>

 

タグ :     

プラセンタ注射のメリット・デメリット