プラセンタ注射

プラセンタ注射 完全ガイド

プラセンタ注射の種類

厚生労働省で認可された医療用プラセンタ注射には2種類あります。 プラセンタ注射の種類の1つがメルスモン注射剤です。 こちらはホルモン系の治療方法に使用されることが多いプラセンタです。 プラセンタ注射のもう1種類がラエンネック注射剤です。 こちらは肝機能障害などの治療に用いられることが多いプラセンタです。 このように用いられる場面は異なるものの、およそ値段は同じくらいですので、どちらを使っているからといって、料金が高くなったり安くなったりすることはありません。 基本的にはどちらも人間の胎盤から作られますが、製造方法が異なる為に、含まれる成分に差が出てしまい、それによって使用場面を使い分けています。 美容目的の注射の場合は、どちらでも大きな差はないとされていて、方針によって採用しているプラセンタの種類がクリニックによって異なります。 中でも、プラセンタの種類・品質にこだわる湘南美容外科がオススメです。 美容整形するなら<湘南美容外科クリニック>

 

タグ :     

プラセンタ注射の種類

プラセンタ注射のデメリット

プラセンタ注射のメリットばかりが目に入るので、副作用がないか心配な人も多いです。 プラセンタ注射は「たん白アミノ酸製剤」である為に、体質的にアレルギー反応が出てしまう人や、すでに閉経しているのにも関わらず、細胞から間違った信号が出てしまって、月経が再開することが稀にあります。 皮下注射や筋肉注射で副作用がひどくなることはあまりないものの、悪寒や発熱、発疹などが出てしまうこともあります。 また、注射の部位や方法などとの相性によっては、うずくような痛みや赤くなるようなこともありますが、これもほとんどの場合は半日程度で治まります。 このようなプラセンタ注射による副作用が見られる場合は、すぐにクリニックに相談し、投与をやめることで症状は落ち着いていきますので、副作用が残ってしまうひどいケースは基本的にはありません。 また、施術件数が多くノウハウの多い湘南美容外科が副作用が気になる方にはオススメです。 美容整形するなら<湘南美容外科クリニック>

 

タグ :     

プラセンタ注射のメリット・デメリット

安いプラセンタ注射

安いプラセンタ注射のキャンペーンなどを目にすると、つい目にとまりますよね。 特に大手の美容外科クリニックなどでは、積極的にキャンペーンやモニター制度などを取り入れ、なるべく安価に良質なプラセンタ注射を受けてもらおうとする動きが見られます。 プラセンタ自体はあまり安価に手に入るものではないので、やはり安いプラセンタ注射の料金があまりに信じられないような金額だと不安ですよね。 プラセンタ自体の値段や品質というよりは、安いプラセンタ注射の場合は注射で投入するプラセンタの量が少ない場合があるので、キャンペーンなどを見かけたらまずはプラセンタの量をチェックすると良いでしょう。 量が多ければいいわけではないので、まずは信頼できる美容外科クリニックで自分にとって適切な量を知ることも値段を知る前に大事なことです。 定評の高い湘南美容外科は安くても質の良いキャンペーンなども行っているので、人気も高いようですね。 美容整形するなら<湘南美容外科クリニック>

 

タグ :     

プラセンタ注射の値段

プラセンタ注射の値段

プラセンタ注射の値段はまず保険が適応されるか否かによって異なります。 基本的に美容目的や健康増進目的、病気の予防目的で行うプラセンタ注射は保険が適応されませんので、全て自己負担となります。 一方で、厚生労働省によって認可を受けているメルスモンとラエンネックの2種類を使って、慢性肝疾患治療や更年期障害などの治療に用いられる場合は、もちろん治療目的ですから、プラセンタ注射の値段も3割負担となります。 基本的に美容目的などの場合は、自由診療となり、そのプラセンタ注射の値段は医療機関が自由に決められるので、値段には医療機関によって差があります。 1回の注射で2,000~9,000円などが多いようです。 質の良いプラセンタ注射を比較的お手頃に提供している湘南美容外科クリニックなどは、料金面においても定評が高いようですね。 美容整形するなら<湘南美容外科クリニック>

 

タグ :     

プラセンタ注射の値段