プラセンタ注射

プラセンタ注射 完全ガイド

プラセンタ注射の肝臓への効果

プラセンタ注射は肝臓の病気に対しても効果があり、治療薬としても採用されています。 病気の主なものには、肝炎や肝硬変などがあります。 肝炎は文字通り肝臓が炎症を起こしている病気ですが、これはウイルスによる場合とアルコールによるものがあります。 肝硬変は肝炎が進行し、細胞が壊されて硬くなってしまった病気のことです。 様々な要因で、人体のろ過装置である肝臓には活性酸素が多く溜まり、これによって細胞が傷ついて、その補修が間に合わずこれらの症状が起こってしまうのです。 プラセンタ注射には、肝臓の細胞を壊す活性酸素を分解し除去する働きがあり、さらには活性酸素が発生しすぎるのを抑制してくれます。 抗炎症作用もあるので肝臓の炎症を沈め、さらには解毒作用もあります。 プラセンタ注射は、薬よりも確実に体内にプラセンタを入れられるので即効性が期待でき、さらに湘南美容外科クリニックの筋肉注射では持続性も期待できます。 美容整形するなら<湘南美容外科クリニック>

 

タグ :     

プラセンタ注射の効果